想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
Z-GIS:ヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

水産養殖×水耕栽培「アクアポニックス」で農福連携 ウェルフェアおきなわ2020年11月4日

一覧へ

沖縄で障がい者や高齢者などへ総合的な支援を行い、IT技術を使った効果的なサービスの提供など福祉サービスを展開する(一社)ウェルフェアおきなわは、沖縄県今帰仁村にアクアポニックスの実験農場を開設。12月の完成を予定しており、アクアポニックスを事業として導入を希望する障がい者支援法人からの問い合わせ・農場見学を受け付けている。

「アクアポニックス」のイメージ「アクアポニックス」のイメージ

「アクアポニックス」は、水耕栽培と養殖を掛け合わせた、次世代の循環型農業。魚の排泄物を微生物が分解し、植物がそれを栄養として吸収、浄化された水が再び魚の水槽へと戻る、生産性と環境配慮の両立ができる生産システムで、土耕栽培と比較して、肥料効率がよく、野菜に加えて魚も収益源となる。また、80%以上の節水が可能となり、農薬・化学肥料・除草剤を使用せずに栽培でき、野菜と魚を一緒に育てる地球にやさしい農業といえる。

同社は、マニュアル化しやすく、障がい者や高齢者も参加しやすい「アクアポニックス」を導入し、ITを活用した農福連携で新たな仕事を生み出し就労支援をしていく。

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る