想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

惣菜や弁当を食べる度にフードロス削減 ポイ活アプリ「DELIPO!」リリース2020年11月18日

一覧へ

食品業界に特化したデジタル・トランスフォーメーション(DX)を推進するADAPTER INC.は11月16日、フードロス削減に消費者の視点から貢献できるスマートフォンアプリ「DELIPO!」をリリース。収集されたデータは、主に食品業界の小売業者及びメーカーに提供し、業務改善やフードロス削減などに役立てられる。

惣菜や弁当を食べる度にフードロス削減 ポイ活アプリ「DELIPO!」リリース

DELIPO!は、消費者がスーパーのお惣菜やお弁当の商品ラベルや購入時のレシート、商品自体を撮影し、食後のアンケートに答えることで、中食商品が、実際に家庭内でどのように消費されたかなど定性データを収集。

アプリ内で収集されたデータは、食品業界の課題解決に利用できる形に加工し、小売業者やメーカーに提供され、企業の商品開発・業務改善やフードロス削減に役立てられる。

消費者は、データを提供するとAmazonギフト券等に交換できる「DELIPO!」内のポイントを貯められる。また、お弁当・お惣菜の記録用アプリとしても使え、フードロス解消へも貢献できる。

従来、食品業界では、POSなどによって「何が売れたのか」といった購買の定量データは取得してきたが、「なぜそれが売れたのか」「実際にそれは美味しく食べてもらえたのか」という定性データは入手しづらく、勘・経験・度胸に頼った商品開発にならざるを得ない。その結果、消費者ニーズを捉えられずに商品が売れ残るなどフードロスの問題にも繋がっている。

同社は、このアプリにより、購入時刻・消費時刻・購入理由に加え、味や容量、価格への感想というレジ通過後のリアルな消費データを収集。川下の消費者から収集したリアルな消費データを川上の食品業界に提供することで、業界全体でフードロスを発生させない体制にシフトすることをめざす。

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る