想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

佐賀県森林整備課がテラドローン開発ソフト「Terra Mapper」導入へ2020年11月26日

一覧へ

テラドローンは、佐賀県庁農林水産部森林整備課に対し、自社開発ソフト「Terra Mapper(テラマッパー)」の試験運用を実施。同課は山地災害被災地の調査、平面図や縦横断図などの図面作成が目的に同ソフトの導入を開始した。

Terra Mapperで作成した、被災地の点群データとメッシュデータTerra Mapperで作成した、被災地の点群データとメッシュデータ

同課はすでに既設林道にてTerra Mapperを活用しており、今後は山地災害現場の調査や、説明資料作成のため、土地の平面図や縦横断図など図面作成にも活用していく。ドローン飛行により取得したデータを同ソフト上で処理することで、崩壊地内の面積や距離などの詳細な情報が得られ、図面作成に活用することができる。

Terra Mapperは、ドローンで撮影した複数の写真を処理することにより、現場の地図や3Dモデルの作成ができるソフト。ソフト上で作成した3Dモデルから、体積を簡単に算出できる。複数のソフトを使わず、同ソフトのみで測量から解析までを完了させることができるため、導入費用は従来のおよそ10分の1となっている。

佐賀県庁農林水産部森林整備課の担当者は「今後は、災害時の現況写真の撮影だけでなく、対外的な説明、特に予算要求の説明資料のための図面作成を目的として、ドローンを使用していきたい。このような図面作成を外部委託することもあったが、これからは職員がドローンを活用し、従来かかっていた委託コストを、点検や維持修繕などに充てたい」と話している。



ドローンから撮影することで、被害状況が把握できるドローンから撮影することで、被害状況が把握できる

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る