想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

季節限定「エキストラヴァージン緑果オリーブオイル」発売 井上誠耕園2020年11月26日

一覧へ

オリーブと柑橘の農園、井上誠耕園は11月24日、毎年この時期に提供するスペインの提携農園で搾った季節限定の「エキストラヴァージン緑果オリーブオイル」を発売。コロナ禍の今年は現地へ渡航せず、オンラインでの綿密な収穫・搾油・ろ過に関する会議を経て販売している。

季節限定「エキストラヴァージン緑果オリーブオイル」発売 井上誠耕園

エキストラヴァージン緑果オリーブオイルエキストラヴァージン緑果オリーブオイル

瀬戸内の小豆島も農業の衰退は著しく、同園は耕作放棄地を開拓しながら島内でオリーブを育てているが、小豆島で育てるオリーブだけでは一年を通して日本市場にオリーブオイルを供給できない。日本の家庭で暮らしの中にオリーブオイルを取り入れてもらうため、2005年からスペインでオリーブを有機栽培する農家ルケ家と協力し、晩秋から春にかけて季節限定で「エキストラヴァージン緑果オリーブオイル」の販売を続けている。

今年で15周年となるルケ家との提携だが、コロナ禍で毎年実施している現地渡航による搾油・ろ過が今年はできなかった。そこで、通常現地に行って行うその年の品質を決める「収穫」「搾油」「ろ過」に関する会議をオンラインで実施。本来であれば、現地の畑・実の状態を直接見てルケ家と相談し、試行錯誤を重ねるが、オンラインでもそのこだわりは捨てず、何度にもわたる会議を経て、今年ならではの逸品が完成した。今年はまさに15年の絆があってこそ完成した味わいといえる。

「エキストラヴァージン緑果オリーブオイル」は、180gが1944円、450gは4536円(税込)。

オンライン会議でオリーブ収穫の様子オンライン会議でオリーブ収穫の様子

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る