想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「首里城再建カンパ」で沖縄県へ2873万円を寄付 生活クラブ連合会2020年11月27日

一覧へ

生活クラブ連合会は11月25日、生活クラブの代表らと沖縄県の生活クラブと提携する生産者の代表らが沖縄県庁を訪問し、「首里城再建カンパ」の寄付金として計2873万円の目録を玉城デニー知事へ手渡した。

沖縄県庁で行われた贈呈式。生活クラブ連合会の伊藤会長理事(左から4人目)が玉城知事(同5人目)に目録を手渡した沖縄県庁で行われた贈呈式。生活クラブ連合会の伊藤会長理事(左から4人目)が玉城知事(同5人目)に目録を手渡した

2019年10月に発生した首里城の火災を受け今年2月、提携生産者8団体から、首里城再建は沖縄県民自身が主体となり、広く理解と協力を得て進めたいという決意が生活クラブに届いた。生活クラブは、首里城が日本に存在する多様な背景を知る貴重な財産であり、再建は沖縄の一地域に限る課題ではないとして、組合員に再建へ向けた寄付を呼びかけたところ、約3万2000人の組合員から2873万円が集まった。

今回の寄付に当たり、玉城知事は「首里城は歴史の象徴でもあり、首里城にかかわってきた人々の証でもある。一日も早い完成を推進することはもちろん、地域のみなさんに、歴史と文化と暮らしが密接に結びついていることを感じていただけるような取り組みを一緒に進めていきたい」とコメント。また、生活クラブの伊藤由理子理事会長は「新型コロナウイルスの感染拡大が広がり、ともすれば人と人とがつながりを失いかねない中にあっても、双方の市民が手をつなぐことの大切さがおおぜいの組合員に伝わった結果。このカンパには、大勢の組合員の応援と連帯の熱いメッセージが込められている。今後ともぜひ沖縄のみなさまと深くつながっていきたい」と話した。

生活クラブは、長年にわたり、沖縄県産の食品・生活用品を取り扱っている。特に沖縄の海水を原料とした食塩や県産サトウキビから作った砂糖はその味と品質の良さから、組合員の食を支える重要なアイテムで、この40年間で農産物、海産物、伝統食材など、現在では8事業者との提携に広がっている。組合員と沖縄の生産者との交流は年々深まっており、組合員らが当地の歴史や文化を学ぶ機会にも発展している。

生活クラブは首里城の一日も早い再建を願い、今後、カタログ等で沖縄県産品の特集を企画するなど、県産品の販売強化も継続的に行っていく。

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る