想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

コーヒーでお茶の味を表現 茶農家が認めた珈琲を新発売2020年11月29日

一覧へ

日本有数のお茶産地の静岡県掛川市でお茶と珈琲を販売する掛川一風堂は、珈琲でお茶の味を表現した「茶匠の珈琲TSUBAKI」を販売している。

茶匠の珈琲TSUBAKI茶匠の珈琲TSUBAKI

同店では、コーヒーを「お茶屋の目利きで生豆の仕入れ」「お茶で培った嗅覚や味覚を活かした味作り」でブレンドし、焙煎している。その二つのこだわりを徹底してつくったのが「茶匠の珈琲TSUBAKI」で、静岡県で多く製造されている深蒸し茶の味をコーヒーで表現した。

深蒸し茶を飲むと、急須でていねいに淹れたお茶は、1口目にはほんのりとした渋味と新芽の甘味が感じられ、2口目には「お茶の濁り」によって、深みのある甘味が感じられる。「茶匠の珈琲TSUBAKI」は、この1口目と2口目の味の違いを表現。渋味は、珈琲では敬遠されるが、お茶づくりの目線から発想を転換して、渋味を活かしたブレンドコーヒーとなった。

「茶匠の珈琲TSUBAKI」は、日ごろ「コーヒーなんかは飲みたいとも思わんね」と言うお茶に精通しお茶への愛情も深いお茶農家が「こりゃ、ウメぇな」と思わず認めた味だという。ドリップパック(8g)で180円、レギュラーコーヒー(200g)で1496円、ギフト(200g)で4000円。価格はいずれも税込。

【茶匠の珈琲TSUBAKI】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る