想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

米は新潟が5年ぶりに首位「47都道府県<食のイメージ>調査2020」2020年12月1日

一覧へ

バイヤーズ・ガイドは全国1万5673人の20~69歳の男女を対象に、都道府県別に食のイメージを把握する「47都道府県〈食のイメージ〉調査」を実施。北海道、大阪、福岡の人気観光地が上位を独占する一方、コロナ禍で「内食・中食」が増え、「外食・旅食」が減少した。

同調査では、食全体から米・麺類・野菜・果実・水産物・肉類・菓子類・酒・料理など18カテゴリ別に、〈イメージ部門(食のイメージがある都道府県)〉、〈実食部門(この1年間に食べたことがある)〉、〈満足度部門(この1年間に食べて印象に残っている)〉を数値化した。

コロナ禍の食行動では、調査を行った8月6日〜9日は新型コロナウイルスの感染第2派のピークにあたり、自炊(26.3%)、地元のスーパーや商店で購入(16.0%)、飲食店の持ち帰り(15.9%)といった、"内食・中食"が増えた。一方で、行動制限により、"外食・旅食"ともいえる、飲食店での飲食(44.4%)、旅行先での飲食(41.7%)が大きく減少した。

コロナ禍でも食の〈イメージ〉〈実食〉部門ともに変わらず、昨年に引き続き1位が北海道、2位が大阪府、3位が福岡県の順。"食の宝庫北海道"、"食い倒れ大阪"、"食の都福岡"といったキーワードにふさわしい、人気観光地が上位を独占した。

コロナ禍で旅行や行動が制限され、テイクアウト(15.9%)やお取り寄せ(10.3%)の食行動が増えた。巣ごもり生活も、日常の食事は"内食・中食"、ハレの日は"テイクアウト・お取り寄せ"で"外食・旅食"気分を楽しんでいる様子がうかがえた。

また、各部門18カテゴリでは、北海道が〈イメージ部門〉で11カテゴリ、〈実食部門〉で15カテゴリで1位を独占。前回に引き続き、"食の宝庫北海道"をという圧倒的な結果となった。
米の〈イメージ部門〉では、5年振りに新潟県が首位に返り咲き。〈満足度部門〉でも1位となった。固有銘柄での人気は、新潟県「コシヒカリ」(1332pt)、秋田県「あきたこまち」(966pt)、北海道の「ゆめぴりか」(521pt)と「ななつぼし」(231pt)が続いた。

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る