想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

トップランナーが集う「スマート農業サミット」オンラインで開催 こゆ財団2020年12月2日

一覧へ

宮崎県新富町の地域商社、こゆ地域づくり推進機構(こゆ財団)が事務局を務めるスマート農業の地域発産官学連携ネットワーク「スマート農業推進協会」は12月11日、農業課題の解決につながる技術革新やサービス開発の事例共有を図るオンライントークイベント「スマート農業サミット2020」を開催する。

トップランナーが集う「スマート農業サミット」オンラインで開催 こゆ財団

今年度は、8月21日に続く2回目の開催。地域商社や農業ベンチャー、大手企業など業界のトップランナーが登壇し、販路開拓やテクノロジー、SDGsなどのキーワードごとにパネルディスカッションを展開する。

今回の登壇者は、新富町に2019年11月に設立されたスマート農業の地域発産官学連携ネットワーク「スマート農業推進協会」会員企業を中心に構成され、ドローンから経営分析、人材マッチングに至るまで様々な分野で農業の未来を切り開こうとする企業や団体。また、注目の農業ベンチャーとして、自動収穫ロボット開発ベンチャー「AGRIST」らが登壇する。

<イベント概要>

日時:12月11日13〜17時
会場:AgVenture Lab(ライブ配信)
主な登壇者:
荻野浩輝(一般社団法人AgVenture Lab 代表理事 理事長)
長澤秀行(公益財団法人とかち財団 理事長)
齋藤潤一(一般財団法人こゆ地域づくり推進機構 代表理事)
安藤光広(株式会社安藤商事(セキド宮崎中央) 代表取締役)
上原郁磨(SBテクノロジー株式会社 法人公共事業統括 公共本部 副本部長/リデン株式会社 代表取締役)
関悠一郎(ENEOSホールディングス株式会社 未来事業推進部)
高橋慶彦(農業ロボットベンチャーAGRIST 取締役COO 兼 人事・組織開発責任者)
長岡 康生(株式会社ヴァカボ 代表取締役)
東光弘(市民エネルギーちば株式会社代表取締役)
福嶋隆宏(深谷市 産業振興部 産業ブランド推進室 室長補佐)

参加方法:イベントページ(Peatix)から申込みフォームに必要事項を記入の上、申し込む。

【申し込み】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る