Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

全国の「こだわり青果」集めた「青果BOX」の定期宅配開始 青果日和2020年12月3日

一覧へ

フードサプライとデリカフーズホールディングスが設立した(株)青果日和研究所は12月1日、全国各地の「こだわり青果」を集めた定期宅配「青果BOX」の提供を始めた。生産者の想いとともにこだわり青果を送料無料で個宅へ届ける。

全国の「こだわり青果」集めた「青果BOX」の定期宅配開始 青果日和

「青果日和」は、「安心・おいしい・健康」をテーマに消費者のニーズに応える新ブランド。新型コロナウイルスが猛威を振るう中でフードサプライが始めた新事業「ドライブスルー八百屋」は、2か月で30施設を立ち上げ、延べ6万人以上が来場したが、青果日和研究所の設立をきっかけに、さらに多くの人々へおいしい青果を個宅へ届けるため「デリバリー八百屋」をスタート。初のD2CブランドとECサイトをオープンした。

今回は青果日和ブランドの第1弾として、「青果BOX」の定期宅配サービスを開始。「ドライブスルー八百屋」は「遠くて買いにいけない」「車がない」などの声を受けて「デリバリー八百屋」として進化した「青果BOX」を作った。

「青果BOX」は、同社スタッフがこだわりを持って栽培する全国の生産者を訪ね、その食味を確認。青果物に対する生産者の想いも聞いた上で、どのように消費者へ届けるべきか精査し、青果BOXへの取り扱いを検討している。また、BOXには青果を美味しく楽しむためのレシピや産地情報・生産者の想いなども同梱する。1か月に2回の定期配達で厳選された青果物15品目以上を届ける。価格は3980円から。送料無料。

【青果BOX】

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る