想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
Z-GIS:ヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農家漁師からのSOS受け「生産者非常事態サポート室」を常設 食べチョク2020年12月4日

一覧へ

全国3000軒以上の農家漁師が集うオンライン直売所「食べチョク」を運営するビビッドガーデンは、コロナ第3波や気候変動、盗難などによる生産者の危機状況の把握と発信体制を構築。これまで臨時で開設していた「生産者非常事態サポート室」を定常設置し、継続的にサポートできる体勢を整えた。

農家漁師からのSOS受け「生産者非常事態サポート室」を常設 食べチョク

生産者非常事態サポート室の開設にあたり、何らかのサポートを必要としている人の商品を紹介する特設ページを作成。運営が独自の基準により緊急度と重要度を判断し更新し、困りごとのある生産者の相談に対応する。生産者に向けたヒアリングやアンケートも定期的に行う。

また、SNSによるリアルタイムな情報発信として、農家漁師からのSOSに対応。日々変わり続ける生産者の状況を総フォロワー18.5万人以上の食べチョク公式SNS、食べチョク代表の秋元里奈氏のTwitterなどで、最新の情報を発信。ハッシュタグは「#農家漁師からのSOS」で統一して発信する。

これまで寄せられたSOSとしては、神奈川県相模原市のレタス農家から新型コロナウイルス第3波の影響による売り上げ減少や、気温の上昇や日照不足など気候変動による様々な問題、また、青森県弘前市のりんご農家からの盗難による犯罪被害などさまざまなSOSが寄せられた。

食べチョクではこうした生産者への災害支援を行っており、気軽に問い合わせを呼びかけている。

【特設ページ】

【商品一覧】

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る