想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

花キューピットの新ビジネスを募集 大学生・大学院生を対象にコンテスト開催2020年12月4日

一覧へ

JFTD花キューピットが、BEYOND 2020 NEXT FORUM実行委員会と早稲田大学グローバル科学知融合研究所と共催する「ビジネスアイディアピッチコンテスト」の本選が11月23日、早稲田大学リサーチイノベーションセンターで開かれた。

「ビジネスアイディアピッチコンテスト」受賞式で「ビジネスアイディアピッチコンテスト」受賞式で

同コンテストは、生花通信配達取引事業や、会員のための共同事業などを通して「手軽に身近に花を贈る」という日本の花文化を創ることをめざしてきた同社の新たなビジネスアイディアを題材に、起業・新規事業創出を志す人材育成を目的として開催。優れたアイディアは実際にJFTD花キューピットで事業化することも視野に入れている。

多数の応募作品から上位11組が本選に進出。本選では、各組が壇上で3分間のプレゼンテーションを行い、審査の結果、グランプリには三野流斗さん・高木大輔さんの「キクのフラワーロスの解決案」が選ばれた。また、準グランプリには早川翔大さんの「花キューピットメンバーシップクルーコンテスト」、花キューピット賞には松本綾香さんの「地域とつくる環境にやさしいフラワーアレンジメントキットの販売」と松広航さんの「花言葉で紡ぐ人々の物語」が選出。表彰式では、グランプリに賞金10万円相当のアマゾンギフト券など各賞が表彰状とともに贈られた。

また、発表内容・プレゼンテーションともに全出場者が甲乙つけがたいほどに優れていたことから、予定していた4賞以外に、当日急遽「花とみどりのeギフト」5000円分を他7組に贈呈。全参加者には帰り際にフラワーアレンジメントが手渡された。

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る