JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

イオンとむすびえが連携「こども食堂応援団」発足2020年12月15日

一覧へ

イオンは、NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえと連携し、「イオン こども食堂応援団」を立ち上げる。

新型コロナウイルスの感染症拡大に伴い、特に大きな負担を強いられている子どもたちと、子育て世帯のくらしを支援するため、イオンはこれまでも、むすびえを通じて食品提供などを行なってきた。新型コロナの影響が長期化し状況がさらに深刻化する中、全国に店舗網を持つイオンの事業特性を活かし、各地の子ども食堂を通じて地域行政とも連携し、継続して子どもたちの「食」を支援していく。

全国各地の子ども食堂とネットワークを持つむすびえと、全国に店舗を展開するイオンがパートナーシップを組むことで、各地域からのニーズを拾い上げ、必要な支援を全国に届ける。さらに、新型コロナウィルス感染拡大の不安から、開催や再開への不安が大きくなっているこども食堂に対して、協働企画を行う際、感染症対策についての助言などを行う。

また、イオンでは、子ども食堂の運営に必要な資金や、支援が必要な家庭に食品を届ける活動などを応援するため、グループをあげて募金活動を実施。寄せられた募金は、2021年度の「むすびえ・こども食堂基金」の資金として活用する。募金の実施期間は、2021年1月17日まで。

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る