想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

フードロス削減へ賞味期限近いお茶を販売 KURADASHI2021年1月18日

一覧へ

社会貢献型ショッピングサイト「KURADASHI」に、お茶の製造・卸から企画開発を手がける(株)つぼ市製茶本舗(大阪府高石市)が「KURADASHI」に出品開始。同社は、賞味期限切迫商品などをKURADASHI に出品することで、フードロスを削減する。

フードロス削減へ賞味期限近いお茶を販売 KURADASHI

つぼ市製茶本舗は、日本の本物のお茶の良さを地域に寄り添いながら紹介し、持続可能なお茶の飲み方やその歴史を茶育として啓蒙する活動を積極的に行っており、SDGsへの取り組みとして、こども食堂への参加や環境に配慮した有機商品の開発を行っている。

「KURADASHI」は、「もったいないを価値へ」をモットーに、賞味期限の迫った商品や季節商品、パッケージの汚れやキズ、自然災害による被害などの要因で、消費可能でありながら通常の流通ルートでの販売が困難な商品を買い取り、社会貢献型フードシェアリングプラットフォーム。まだ食べられるのに通常のルートで販売できない食品を販売することで、食品メーカーは廃棄コストを減らすことができ、サステナビリティの面からもブランドイメージの向上につながる。

【KURADASHI(商品出品)】

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る