想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

八百屋・魚屋・肉屋が集結「ドライブスルーマルシェ」オープン2021年1月21日

一覧へ

業務用青果卸のフードサプライは、鮮魚卸業のかいせい物産と食肉卸業、プライムミートと協力し、千葉県野田市にあるフードサプライ千葉物流センター(千葉県野田市)で、「ドライブスルー八百屋」「ドライブスルー魚屋」「ドライブスルー肉屋」が集結した「ドライブスルーマルシェ」を開く。

八百屋・魚屋・肉屋が集結「ドライブスルーマルシェ」オープン

「ドライブスルーマルシェ」緊急事態宣言による飲食店の時短要請に伴い、飲食店向けに食品を卸している農家、漁業、畜産業が大量の食材を余らせ廃棄。流通する卸売業、製造業も売り上げが大きく低下している。協力金の対象にならない農家、漁師、畜産業、製造業、物流業は今回の要請を受け大変な状況にあるが、新型コロナウィルスの感染拡大を防ぎ、農家、漁業関係、畜産関係、製造業、物流業を守るため、接触を極力無くした安心・安全な「ドライブスルーマルシェ」のサービスを行う。

三社が運営する「ドライブスルー八百屋」「ドライブスルー魚屋」「ドライブスルー肉屋」のサービスは、家庭で食べる生鮮食品が1か所で買い物できる。一番人気で原価を無視した「中とろマグロセット」や「もったいない和牛肉盛りセット」を、いずれも5000円(税込)など飲食店に卸す予定だった商品をお得な価格でドライブスルーで購入できる。

◎引き渡し場所:・千葉物流センター(千葉県野田市中根319)
日時:1月23日~(緊急事態宣言期間は毎週土曜日開催を予定)、10時~14時

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る