Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農泊&バカンス法シンポジウムを開催 未来ある村日本農泊連合2021年2月25日

一覧へ

未来ある村日本農泊連合は3月13日、「農泊&バカンス法オンラインシンポジウム~コロナ禍 内需で経済的活性化するためバカンス政策を~」を開催する。

オンラインシンポジウム概要オンラインシンポジウム概要

未来ある村日本農泊連合は都市と農村に暮らす人たちが連携し、農村で暮らす人や若者が取り組める農泊の法整備を目指し活動を行っている。シンポジウムでは農村振興・観光振興を目的に、農泊やバカンス法の有用性について議論を行う。

【開催概要】

▽日時
3月13日(土)14:00~16:15

▽開催方法
オンライン場:オンライン(zoomウェビナー)

▽参加費
無料

▽定員
500人

〈プログラム〉

○第一部 20分

基調講演 「地方創生にむけた全農のとりくみ」 JA全農代表理事理事長 山﨑周二

○第二部 20分

現場からの報告 農泊発祥の地より「ヨーロッパに見る地方創生の答え」 未来ある村日本農泊連合代表 宮田静一

○第三部 パネルディスカッション 90分

パネラー
衆議院議員・石破茂 同・岩屋毅 同・横光克彦 日本農泊連合代表・宮田静一

コーディネーター
NPO法人大分県グリーンツーリズム研究会事務局・長望月陽子

主催:未来ある村日本農泊連合
協力:全国農業協同組合連合会
後援:農林中央金庫・(株)農協観光・日本ファームステイ協会

問合せ:未来ある村日本農泊連合 事務局
TEL 0978-44-1158
メールアドレス japan.ajimu.gt@gmail.com

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る