Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カンタスドライフロアブル
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

残り野菜をおいしく活用「もったい菜漬け!がいどぶっく」発行  京都市×ミツカン2021年3月1日

一覧へ

京都市は、食品ロス削減への取り組みとして2020年8月に、ミツカングループと「食品ロス削減に資する取り組みの連携に関する協定」を締結。取り組みの第2弾として残り野菜をおいしく活用することをコンセプトにした酢漬け「もったい菜漬け」のレシピを共同開発した。

残り野菜をおいしく活用「もったい菜漬け!がいどぶっく」発行  京都市×ミツカン京都市は、2019年5月、門川大作市長が日本の自治体の長として初めて「2050年CO2排出量正味ゼロ」を目指すことを宣言し、脱炭素社会の実現に向けて取り組みを推進。「しまつの心」に象徴される、ものを大切にする伝統が息づく京都市では、「2050年CO2排出量正味ゼロ」の達成に向け、食品ロスの削減にも取り組んでいる。

両者の連携では、京都市の食品ロス削減に関する先進的な取り組みの知見と、ミツカンのメニュー提案や商品開発などの強みを連携させることで、CO2排出を抑制する循環型社会の実現に向けた取り組みを進めている。

「もったい菜漬け」は、冷蔵庫で残っている野菜や普段は捨ててしまう部位をおいしく食べられ、さらに酢の抗菌効果で日持ちのする常備菜としても活用できる。今回開発したのは「もったい菜漬け」とアレンジメニュー、合わせて11種類で、京都市内のスーパーマーケットなどでレシピ紹介冊子「もったい菜漬け!がいどぶっく」を3月3日から配布する。

また、レシピは3月中旬に共同取り組みに関する特設ページ内にも掲載予定。京都市とミツカンが連携した取り組みや、「京都市食品ロスゼロプロジェクト」などを紹介した動画「京都市×ミツカンー京都市食品ロスゼロプロジェクトー」を「KYOTO TV」と京都市公式YouTubeで公開している。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る