Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:イントレックス
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

3か月連続後退、前年比45.1% 外食市場調査2021年1月度2021年3月5日

一覧へ

リクルートライフスタイルの外食市場に関する調査・研究機関「ホットペッパーグルメ外食総研」は、首都圏・関西圏・東海圏の男女約1万人を対象とする2021年1月度の「外食市場調査」を行い調査結果を発表。調査によると、外食市場規模は前年同月比45.1%で前月からさらに10.6ポイントの後退。前回緊急事態宣言時の初月に比べると減少幅は小さかった。

2021年1月の外食市場規模は、3圏域合計で1472億円で前年同月比‐1794億円。3か月連続で前年比のマイナス幅が拡大した。市場規模の前年比は45.1%で、前月の同55.7%から10.6ポイント後退。3圏域とも外食実施率・頻度・単価すべてが前年比マイナスは3カ月連続で、1月の数値としてはいずれの指標も2013年の調査開始以来、最低値を記録した。

圏域別の市場規模の前年比は、首都圏で43.7%、関西圏で47.4%、東海圏で46.2%と全圏域で4割台。ただし、前回緊急事態宣言(2020年4月7日以降)があった4月は、市場規模の前年比が22.5%とさらに影響が大きかった。2回目の今回(2021年1月8日以降)は、初月のマイナス幅が前目よりは抑えられている。

業態別では食事主体業態・計が前年比53.1%(前月:64.5%)、飲酒主体業態・計が同28.3%(同:40.3%)、軽食主体業態・計が同50.8%(同:67.8%)となっている。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る