Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:イントレックス
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

東北被災3県の食材が毎月届くサービス開始 ポケットマルシェ2021年3月9日

一覧へ

生産者と消費者をつなぐ国内最大級の産直アプリ「ポケットマルシェ」を運営する(株)ポケットマルシェは、東北被災3県の食材が毎月順番に届く食材アソートサービス「東北3県『推しに出会える』定期便」の販売を3月5日から開始。同日発表会を開き、新サービスの概要を説明した。

近江牛の老舗がクラウドファンディング 好評につきリターン品追加岩手、宮城、福島の食材3種を毎月提供

新たなサービスは、東日本大震災から10年というタイミングで同社が展開する「東北応援プロジェクト」の一環として実施されるもの。東北被災3県(岩手・宮城・福島)の複数の生産者の食材を詰め合わせて、4月に岩手、5月に宮城、6月に福島の食材を発送予定。今回は限定100セットの販売となる。

通常の産直アプリ「ポケットマルシェ」では、生産者から食材が直送されるが、新サービスはヤマト運輸の営業倉庫に食材を集約し、詰め合せと梱包を同時に行うことで、複数の生産者の食材を一度に消費者の元に届けられる。手軽にさまざまな東北の食材・生産者に触れる機会を設けることで、食から東北の魅力を実感してもらうことが狙い。

また購入特典として、届いた食材の生産者と直接話せるZoom交流会に参加できる。Zoom交流会の案内は、ポケットマルシェ内のメッセージ機能で購入者に直接送付される。Zoom交流会は商品発送日から1週間以内の開催を予定しており、生産者に食材のおいしい食べ方を質問するといったコミュニケーションが可能となっている。

【食材アソート定期便概要】

〇申し込み期間

3月5日(金)13時~3月25日(木)21時

〇商品金額

4800円(税込・送料別)/月

〇販売数

100セット(先着順)

〇配送方法

ヤマト運輸クール宅急便(冷凍)

〇配送時期

4月上旬、5月上旬、6月上旬の3回

【お届け予定の食材】

〇4月 岩手県の生産者3名の食材

「柿木敏由貴さんの短角牛 バラスライス焼肉用 150g(久慈市)」
「高橋誠さんの白金豚 モモブロック 500g(花巻市)」
「馬場淳さんの冷凍ホワイトアスパラガス 5本(二戸市)」

〇5月 宮城県の生産者3名の食材

「臼井壯太朗さんの極上天然まぐろ 100%のたたき 250g(気仙沼市)」
「佐藤裕美さんの赤豚のカタ切り落とし 250g(登米市)」
「柴田修司さんの冷凍いちご 500g(亘理郡山元町)」

〇6月に提供予定の福島県生産者の食材は後日購入者に案内する。

最新の記事

シンジェンタミラビスフロアブル:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る