Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「青果日和」の魅力伝えるアンバサダーに料理研究家コウケンテツが就任2021年3月19日

一覧へ

コロナ禍でドライブスルー八百屋を立ち上げたフードサプライと青果納入大手のデリカフーズホールディングスが手掛ける(株)青果日和研究所は3月18日、同社初のアンバサダーに人気料理研究家のコウケンテツさんを起用したことを発表した。

自宅キッチンで調理するコウさん自宅キッチンで調理するコウさん

青果日和は、「美味しい青果のある暮らし」をコンセプトに、全国各地の生産者が持つ「こだわり」を、消費者に身近に感じてもらおうと、野菜や果物が持つ本来の美味しさに重きを置いた情報の訴求やレシピの提供をめざしている。今回は、料理に対して真摯に取り組み、旬の素材を活かした手軽で美味しい家庭料理を楽しく作るコウさんとの親和性からアンバサダーへの就任が決まった。

今後は、「青果BOX」で届く野菜を使ったオリジナルレシピの提供や、「青果まるごとスムージ」のオリジナル商品の開発など消費者においしい青果を届ける。また、「暮らし」を意識した提供ができるよう、レシピや商品開発などの活動を中心に予定している。

コウさんは、旬の素材を生かした手軽でおいしい家庭料理の提案で公式YouTubeチャンネルの登録者数は70万人以上。テレビや雑誌、講演会など多方面で活躍している。

「青果日和」の魅力伝えるアンバサダーに料理研究家コウケンテツが就任

【青果日和公式サイト】

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る