Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
SP:右上長方形 アリスタライフサイエンス(株)トクチオン乳剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

焼肉用代替肉「NEXTカルビ」シンガポールの和食店で提供 ネクストミーツ2021年4月8日

一覧へ

フードテックベンチャーのネクストミーツ(株)は4月5日、シンガポールの和食チェーン「Aburi-En」全9店舗で焼肉用代替肉「NEXTカルビ」を使った特別メニューの提供を開始した。

シンガポールで提供する「プレミアムカルビ丼」(左)と「スタミナカルビ定食」シンガポールで提供する「プレミアムカルビ丼」(左)と「スタミナカルビ定食」

フードテックの領域で世界中から注目を集めるシンガポールは、外資系の代替肉ブランドも多数進出し、プラントベースのメニューは一般的になりつつある。日本の代替肉が外食チェーンで提供されるのは、シンガポール国内でも初となることから注目を集めており、13日にはメディアやインフルエンサーを集めたプレスイベントを開催予定。多文化、多国籍国家でフードテック先進国でもあるシンガポールでの販路拡大と、代替肉の使用により和食文化のさらなる普及をめざす。

2020年6月の設立の同社は、ベトナムや台湾でも販売を開始しており、今回のシンガポールに続いて、アメリカ、フランス、中国、香港、インドなどでの展開を予定している。

最新の記事

ナガセサンバイオSP 2021

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

topへ戻る