Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ナリアWDG
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

収穫後の葉を利用「パイナップル葉繊維ストロー」発売 フードリボン2021年5月24日

一覧へ

「捨てるものがない明日へ」をスローガンに循環社会の実現をめざす株式会社フードリボン(沖縄県国頭郡大宜味村)は、パイナップルの実を収穫後の畑に残る葉を活用したストロー「KISEKI パイナップル葉繊維ストロー(パイナップルストロー)」を発売した。

KISEKI パイナップル葉繊維ストローKISEKI パイナップル葉繊維ストロー

パイナップルストローは果実収穫後の畑に残り廃棄されていた葉の部分から繊維を抽出する際に出る残渣(セルロース)と、PLA(ポリ乳酸/とうもろこしのでんぷん)を配合し、天然素材で生分解性の環境にも配慮した製品。繊維抽出時に大量に出る副産物を活用しているためコストパフォーマンスが良く、利用しやすい価格を実現した。4月末からは、SDGsを推進している沖縄県内のホテルや事業所向けにパイナップルストローの出荷を開始。今後は、自然に還る循環素材として、国内外市場へ展開していく。

パイナップルの葉から抽出した繊維は、今夏に銀座・和光で沖縄のアロハシャツブランド、パイカジのパイナップル繊維入りアロハシャツが限定発売予定。さらに、農業生産法人沖縄美ら島ファームが生産するゴールドバレルパインを7月にギフト用ボックス入りで「葉を捨てないKISEKIのパイン」として限定発売を予定している。

同社は、2017年創業。大宜味村のシークワーサーを丸ごと余すことなく使って製品化し、やんばる世界自然遺産登録応援プロジェクト「KISEKI」を発足。2019年から、日本一のパイナップル生産地、東村をきっかけにパイナップル葉を活用する企画を始め、2020年には、沖縄県が推進する「おきなわSDGsパートナー」に登録された。また、沖縄県内主要8社が取り組む「オキナワ・スタートアッププログラム(OKINAWA START UP PROGRAM)に採択されている。

【「KISEKI パイナップル葉繊維ストロー」オンラインストア】

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る