Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原ヘッド:SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

持続可能な食へ 代替肉のネクストミーツとベトナムで共同開発 HOLUS2021年6月17日

一覧へ

日本農家と共にベトナムで農業および食品加工を手がける株式会社HOLUS(東京都渋谷区)は6月15日、代替肉ブランドのネクストミーツ株式会社(東京都新宿区)とベトナムで共同開発を進めることを発表した。

HOLUSは、「生産者が正当に評価され、農業に希望が持てる社会」をめざし、持続可能な農業の在り方を追求している。共同開発では、代替肉分野のフードテック企業ネクストミーツと共に食に関する社会課題の解決をめざす。

HOLUSはベトナムで、農家の生活・地位向上や子供たちへの食育活動を行っている。また、現地のベトナム農家に「日本品質の農業」を指導することで生産性と農産物の品質向上を実現し、ベトナム農家の収入・生活の安定にも寄与している。一方、ネクストミーツはアメリカ証券市場に参入し、世界的な視点で代替肉を開発・普及するとともに代替肉関連へ積極的に投資。ベトナム市場でも、生産ラインを整えホーチミン市にアンテナショップのオープンを予定している。

今後は両社の強みを活かして、共同開発や商品のコラボレーションを進める。また、SDGs関連の取り組みでも、ベトナムにおける格差是正や子供たちへの食育・支援活動を共同で進めていく。

最新の記事

シンジェンタSP210720-

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る