Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:サンケイコテツベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

宇都宮市を代表するブランド農産物「幸水」初出荷 JAうつのみや2021年7月30日

一覧へ

栃木県宇都宮市は7月28日、同市を代表するブランド農産物の梨「幸水」の出荷を開始した。

宇都宮を代表するブランド農産物産の梨宇都宮を代表するブランド農産物産の梨

宇都宮市は、全国有数の梨産地で、JAうつのみや管内での生産量は、栃木県内でトップを誇る。初出荷された宇都宮産の幸水は、みずみずしさと強い甘みがあり、その品質の良さから市場関係者から定評がある。近年の気候変動にも対応できるよう、生産者同士の生産技術の情報交換などを通して生産。猛暑でも「おいしい梨を食べてほしい」との想いを込めて収穫された。

JAうつのみやは、幸水と豊水(8月下旬頃収穫予定)のうち、特に形がよく、選果場で光センサーが判定した平均糖度13度以上の梨を、宇都宮ならではのブランド農産物として推進する「プレミアム13」として販売。暑い夏に最適のギフト商品として人気がある。

宇都宮市の梨は、「幸水」の7月28日出荷を皮切りに、「豊水」が8月下旬から、「あきづき」は9月上旬から、「にっこり」は10月上旬からの出荷を予定している。

【農業王国うつのみや】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る