JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
センターSP:Z-GIS
ベリマークSC:FMC(PC)センター
ベリマークSC:FMC(SP)センター

鳥獣捕獲のノウハウ伝授 無料セミナー第二弾開催 イノホイ×TSJ2021年10月19日

一覧へ

鳥獣被害対策ソリューションを提供する「イノホイ」を運営する株式会社refactoryは11月5日、害獣捕獲のための無料オンラインセミナーを有害鳥獣駆除の株式会社TSJと共同で開催する。

害獣捕獲のためのくくり罠を実際に現場で仕掛ける様子害獣捕獲のためのくくり罠を実際に現場で仕掛ける様子

今回は、8月に開かれた第一回の内容を踏まえ、鳥獣被害の解決をめざす若手狩猟家を対象に、学んだ内容をすぐにフィールドで活かせるプログラム内容を予定している。

田畑を荒らす獣は広大な自然の中で生活しており、捕獲するには罠を使う。しかし、捕獲の知識やノウハウが無いと、どこにどのように罠を仕掛けたら良いのか判断がつかず、捕獲を断念してしまうケースも予想される。初心者が捕獲できるようになるには、知識やノウハウを持つベテランと一緒に行動しながら学んでいくのが近道だが、経験豊富な捕獲の担い手の高齢化が進んでおり、捕獲活動に関する情報も少ないのが現状だ。

多くの地域で狩猟が解禁される11月は、今期に罠猟免許を取得した人にとっては、初めて実際に罠を仕掛けるタイミング。猟期開始の直前のセミナーで学んだ内容をすぐに現場で実践できるよう、このタイミングで二回目のセミナーを実施する。今回のセミナーでは、罠の設置場所を見分けるための必須スキル「フィールドサイン」の見分け方や、設置場所に応じた罠の仕掛け方ワンポイントアドバイスなどを伝授する。

◎開催概要
日時:11月5日 19:00~21:00
会場:WEBセミナー※「Zoom」を使用
受講料:無料※事前にイノホイで会員登録が必要

広大な山中で罠を仕掛けるにはノウハウや知識が必要広大な山中で罠を仕掛けるにはノウハウや知識が必要

【新規会員登録ページ】

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

ヤンマーSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る