おきなわ50年バナーPC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:バスタ液剤210125
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
FMCセンターSP:ベネビア®OD

アミノ酸たっぷり!こだわりのミニトマト販売再開 大成農材2021年11月24日

一覧へ

天然有機肥料や除草剤などを扱う農業関連メーカーの大成農材は11月15日、運営するミニトマトのオンラインストア「実をよく知る肥料屋さんのトマト」で品種と栽培方法にこだわったミニトマト「肥料屋さんのトマト」の販売を再開。トマトの栽培期の切り替えのため6月末から販売を一時休止していたが、約4か月半ぶりで販売する。

肥料屋さんのトマト肥料屋さんのトマト

「肥料屋さんのトマト」は、鮮やかなピンクがかったツヤのある赤色の長円形のミニトマト。コクのある甘さと爽やかな食味、濃厚な旨味が後を引く味わいは、高食味の品種特性に加え、独自の魚エキス肥料など自社製有機肥料に含まれる豊富な旨味成分によるもの。味が良い反面、収穫量が他のトマトに比べて少ないため、全国的にも栽培が少なく、希少な品種のミニトマトとなる。同社は、この品種にこだわり、さらに、光センサーで1粒1粒の糖度を手作業で測ってから箱詰めしている。

「肥料屋さんのトマト」を生産する大成ファームは、大成農材が研究開発した100%有機質肥料を使い、「美味しい」と自信を持って言える農作物を育てるために始まったプロジェクト。瀬戸内地方の温暖な環境にある広島県三原市とその北部にの大和町に、採光性の良いオランダ式ハウスを建設し、美味しさと収量を両立させたトマト栽培を目指している。

大成ファームのトマトハウス大成ファームのトマトハウス

【実をよく知る肥料屋さんのトマト】

最新の記事

シンジェンタ右上長方形:SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る