2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:プリンスベイト
JA全中中央①PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

1~12月のデリバリー市場規模は前年比27%増 最新外食・中食レポート2021年12月20日

一覧へ

外食・中食市場情報サービス「CREST」を提供するエヌピーディー・ジャパンは12月16日、デリバリー市場レポートを公表した。新型コロナウイルスの影響を受けた2021年1~12月計のデリバリー市場は、売上が約7975億円で前年比で約27%増となる見込み。

デリバリー市場規模推移デリバリー市場規模推移

レストラン業態(宅配ピザを含む)におけるデリバリー(出前)市場規模は、2021年(1~12月計)に約7975億円になる見込みで、前年と比べ27%程度増加することが見込まれ、2019年比では91%増とコロナ前の2倍近くの規模となる。売上に占める比率は約9.4%。

外食業態で、イートイン、テイクアウト、デリバリーとある中、デリバリーの売上に占める比率は、直近1年間(2020年11月~2021年10月計)で8.8%だった。地域別に主要地域を比較すると、首都圏は9.3%。北海道は特に高く、11.0%だった。

エヌピーディー・ジャパン フードサービスシニアアナリストの東さやか氏は、「外食・中食市場が少しずつ回復しつつあるが、今後もデリバリー増加のトレンドは、継続が見込まれる。デリバリーサービスの対象地域が全国規模で拡大し、デリバリーチェーンも店舗数を急増。デリバリーのインフラが整い、これまで利用できなかった消費者が利用するようになったことが、今後もデリバリーが定着・増加し続ける下地となる」としている。

最新の記事

NTT・ビオストック SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る