2022夏季特集:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオサイエンスヘッドSP:ネマトリンエース
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

福島県内全店でJA会津よつば"南郷トマト"使用「モスの産直野菜フェスタ」開催 モスバーガー2022年8月17日

一覧へ

モスフードサービスは、8月21日の「福島県民の日」にあわせて8月19日~28日の10日間と9月30日~10月2日の3日間、福島県のモスバーガー全15店舗で、トマトを使った全ての商品に、産地から直送した南会津特産の“南郷トマト”を使う『モスの産直野菜フェスタ』を実施。地域・期間限定の商品も販売する。

「デラックスモスバーガーダブルトマト」(700円)・「デラックスモスチーズバーガーダブルトマト」(730円)「デラックスモスバーガーダブルトマト」(700円)・「デラックスモスチーズバーガーダブルトマト」(730円)

モスバーガーは、福島県が提唱する『ひとつ、ひとつ、実現するふくしま』のスローガンに賛同し、福島県産品を盛り上げるとともに地域への感謝をこめて、地元のおいしい野菜を味わえる『モスの産直野菜フェスタ』を開催。モスの協力農家である、JA会津よつば南郷トマト生産組合の"南郷トマト"を使う商品の展開は2013年に始まり、今年で10年目となる。

福島県内全店でJA会津よつば"南郷トマト"は、南会津地方特産のトマトで、2015年には「第44回 日本農業大賞」を受賞。阿賀川や只見川の源流域で、標高が高く冷涼な気候の地域で育まれ、糖度と酸度のバランスが良く実が締まったしっかりとした食感が特徴のトマトで、ハンバーガーと抜群に相性がよい。

期間中は、JA会津よつば南郷トマト生産組合(南会津郡南会津町)の畑で収穫されたトマトを、物流拠点を介さずに店舗に運び、トマトを使用したメニューに使うほか、「南郷トマトのデラックスモスバーガー ダブルトマト」と「南郷トマトのデラックスモスチーズバーガー ダブルトマト」を期間限定で販売。この期間だけの、ジューシーでボリュームたっぷりのハンバーガーを楽しめる。

「南郷トマトのデラックスモスバーガー ダブルトマト」(700円)は、国産の牛・豚の合挽き肉を100%使ったボリュームのあるハンバーグに、マヨネーズタイプとたっぷりのオニオン、自慢のオリジナルミートソースをのせ、輪切りのトマト2枚でサンドした。定番の「モスバーガー」に比べ、ミートソースを約30%増量。また、通常パティの約1.8倍(重量ベース)のハンバーグに、輪切りのトマトは2倍と、名前の通り"デラックス"なモスバーガーとなった。

また、素材そのもののおいしさを家庭でも楽しめるよう、持ち帰り用で"南郷トマト"を販売する。1個200円で数量限定。なくなり次第終了。

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

住友化学住友化学右正方形2SP

注目のテーマ

注目のテーマ

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る