人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

2027年の温室効果ガス0へ「OUR GREEN」プロジェクト始動 グリーンコープ共同体2024年2月7日

一覧へ

西日本を中心に16の生協で構成されるグリーンコープ共同体は、カーボンニュートラルに向けた一連の取り組みを「OUR GREEN」と名付け、2024年から本格化する。「2027年までにグリーンコープが事業で排出する温室効果ガス0」を目標に掲げている。

2027年の温室効果ガス0へ「OUR GREEN」プロジェクト始動 グリーンコープ共同体

カーボンニュートラルに向けた主な取り組みは、「全車両の電気自動車(EV)化」、「二酸化炭素を排出しない電気の利用推進」「国産品の充実による、輸送時に発生する温室効果ガスの削減」「リユース・リサイクルの推進」。このほか、「ドライアイスの使用を大幅に削減するための保冷箱・蓄冷剤の開発」や「マングローブの植林」にも取り組む。一連の取り組みにより、グリーンコープの事業の全工程で絶え間なく、温室効果ガスを削減していく。

グリーンコープはこれまで、配送用車両への電気自動車EVの導入や、バイオマス・太陽光・小水力・地熱などの自然エネルギーを利用した化石燃料に頼らない電気の利用などカーボンニュートラルの実現に向けて、さまざまな取り組みを行ってきた。

今年から取り組む「OUR GREEN」プロジェクトでは、主に全車両のEV化に取り組む。すでにグリーンコープでは144台のEV導入を決定しており、福岡西支部では昨年「完全EV化」を達成した。この取り組みをさらに広げ、2027年までにグリーンコープ全体での「完全EV化」を実現する。

また、EV化だけでなく、その動力源となる電気にもグリーンコープはこだわる。グリーンコープの各事業所では最大限、グリーンコープでんきが供給する電力を利用するようにしている。グリーンコープでんきが提供する電気は、バイオマス・太陽光・小水力・地熱などの自然エネルギーを利用した化石燃料に頼らない発電方法で作られている。

グリーンコープのEVは、「グリーンコープでんき」の「ゼロエミッションプラン」の電気を使用。発電時だけでなく、「地球温暖化対策推進法」に基づく電気事業者別排出係数の観点からも、二酸化炭素排出ゼロを達成している。これによりEVから排出される二酸化炭素は動力源の電気も含め、「完全にゼロ」を実現してきた。今年からはさらにグリーンコープでんきによる発電と利用拡大に取り組む。

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る