人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCプレバソンPC
日本曹達 231012 SP

日本生協連 国産原料回帰 24年度事業方針2024年2月8日

一覧へ

日本生協連は2月6日、コープ商品事業2024年度方針を発表した。

事業方針では組合員の暮らし、会員生協事業への一層の貢献によってコープ商品の存在感を高めることを打ち出した。

不安定な国際情勢と各種の値上げ、さらに異常気象など先行きが不安ななか「ふだんのくらし応援」を掲げた。具体的には「やっぱり国産いいじゃない」として「国産原料」回帰を打ち出し、「国産品で食卓と地域に笑顔」をめざす。

23年度は原料確保、食品ロス削減の視点で廃棄原料への食用への活用、国産原料を使用しつつプラスアルファの価値を訴求した。

また、「やっぱり身体が資本」として健康意識にも商店を当て、「食卓にたんぱく質、野菜、減塩を」を掲げる。野菜のスープや豆腐、野菜を食べるためのドレッシングなどにも開発した。そのほか「時短でくらしにゆとり」も掲げ、レンジ調理品の拡充や加熱不要品などを開発した。

日本生協連の総供給高(23年4月~24年1月)は3690億円で前年比100.8%。このうちコープ商品事業の供給高は2951億円で同102.6%。NB商品を主とした日用品・消耗品の供給を行うキャロット事業の供給高は273億円で同93.1%、衣料品などの供給を行うカタログ事業は432億円で同94.5%、ギフト事業は32億円で同95.3%となった。

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る