人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCプレバソンPC
JA全中中央SP

サステナブルな農畜水産業の発展に向けて 協業覚書を締結 JALと丸紅2024年2月22日

一覧へ

日本航空株式会社(JAL)と丸紅株式会社は、環境に配慮した高品質な商品が生産者から消費者に届くまでの一貫したサプライチェーンを構築するべく、とサステナブルな産直事業に寄与する取り組みに関して協業の覚書を締結した。

サステナブルな農畜水産業の発展に向けて 協業覚書を締結 JALと丸紅サステナブルな農畜水産業の発展に向けて 協業覚書を締結 JALと丸紅

丸紅は畜産業界における環境課題である家畜糞尿処理に対し、生産者から回収した糞尿由来の堆肥を農業用の肥料として販売し、そこで生産された農作物を消費者向けに販売する循環型の枠組みの構築に取り組んできた。

両社は、JALグループが有する高速鮮度輸送のネットワークや顧客基盤と、丸紅グループが有する生産者とのネットワークや生産における環境負荷低減に寄与する知見を掛け合わせることで、環境に配慮しつつ独自の美味しさやこだわりを追求した商品を、より多くの消費者に、より鮮度の良い状態でスピーディにお届けできる「プレミアム市場」の創造を目指すとしている。

また、JALと丸紅は、JALが2023年5月に開設した消費者向け産直ショップ「SORAKARA OTODOKE」に加え、2024年4月を目途に開始する飲食店等の法人事業者向け産直品販売においても協業している。両社の生産者ネットワークを組み合わせ、生産者の新規開拓、販路拡大に努めるとともに、商品ラインナップの充実を図ることで購入者のニーズにマッチする産直品販売の仕組みを構築していく。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る