人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

就労継続支援B型事業所を開設 しいたけ生産で「農福連携」パルシステム神奈川2024年4月3日

一覧へ

生活協同組合パルシステム神奈川が設立した子会社、株式会社ハートコープ神奈川は4月1日、藤沢市に就労継続支援B型事業所「ハートコープ湘南」を開設。障がい者とともに農業に携わる「農福連携」によるしいたけ栽培などを通し、誰もが地域社会とつながり、自分らしく活躍できる職場をつくる。

就労継続支援B型事業所を開設 しいたけ生産で「農福連携」パルシステム神奈川

「ハートコープ湘南」は、農家からビニールハウス1棟を借り受け、菌床しいたけの栽培を始める。県内の特別支援学校や就労支援センターなどと連携して利用者を募り、栽培、収穫、パック作業までを担ってもらう。菌床しいたけは、通年一定で温度と湿度を管理して栽培する生産のため、安定した就労環境を確保できる見通し。

栽培したしいたけは、パルシステム神奈川の宅配利用者や地域の消費者へ販売。将来的には、果物栽培などへ事業を拡大し、誰もがやりがいを持ち、長く働ける職場づくりをめざす。

パルシステム神奈川は2015年、事業方針として障害者雇用の拡大を掲げ、直接雇用を推進してきた。その一環として、2023年8月に100%子会社としてハートコープ神奈川を設立。すでに指定障害福祉サービス事業者として県の認定を受け、就労継続支援B型指定を取得している。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る