人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
日本曹達 231012 PC
FMCプレバソンSP

クマ出没の対処法を講じる「十和田奥入瀬観光講座」19日に開催2024年4月10日

一覧へ

青森県十和田市と(一社)十和田奥入瀬観光機構は4月19日、クマ出没の対処法を講じる「十和田奥入瀬観光講座」を十和田市地域交流センターとオンラインの中継会場で開催する。

4月に入り、北国では雪解けが進み、これからは観光シーズンのはじまりとともに、クマも活動をはじめる。近年、青森県内でもツキノワグマの出没件数が増えており、その分布域は拡大傾向が見られ、国立公園エリアだけでなく十和田市内全域で出没する可能性が高まっている。

十和田市と十和田奥入瀬観光機構は、クマの正しい怖がり方を知り、しなやかな観光地域をつくることを目指し、観光関係者、農業関係者、地域住民向けに、クマ出没の対処法を内容とする「十和田奥入瀬観光講座」を開催する。講座は、NPO法人日本ツキノワグマ研究所代表者の米田一彦氏を迎え、「クマとどう向き合い、どう受け流すか」をテーマに実施。当日は、本会場と中継会場の十和田湖観光交流センター「ぷらっと」でも聴講できる。

クマ出没の対処法を講じる「十和田奥入瀬観光講座」19日に開催◎「令和6年度 十和田奥入瀬観光講座~クマとどう向き合い、どう受け流すか」開催概要
日時:4月19日 18:00〜19:30(17:30開場)
参加費:無料
参加申込み:オンラインで定員になり次第、締切

<会場>
本会場:十和田市地域交流センター「とわふる」(〒034-0011 青森県十和田市稲生町16-1)※定員100人(先着順)
中継会場:十和田湖観光交流センター「ぷらっと」(〒018-5501 青森県十和田市奥瀬字十和田湖畔休屋486)※定員30人(先着順)

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る