人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
イソクラスト_フロアブル_SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

愛鳥週間 夏鳥を「eBird」に投稿キャンペーン実施 日本野鳥の会2024年4月15日

一覧へ

日本野鳥の会は「愛鳥週間」の5月10日~16日、野鳥観察を楽しみ、世界規模の市民科学プロジェクト「eBird」に観察情報を寄せる「愛鳥週間!夏鳥をeBirdに投稿しよう」キャンペーンを実施。観察対象種を見て期間中、毎日投稿した人に記念品をプレゼントする。

Macaulay Library/©Atsushi Shimazaki

Macaulay Library/©Atsushi Shimazaki

eBird(イーバード)は、米コーネル大学鳥類学研究室が運営する、世界最大の野鳥観察データベースで、市民と科学者が協働する市民科学プロジェクト。世界中のバードウォッチャーから10億件を超える野鳥観察情報が寄せられ、蓄積されたデータは鳥類の調査研究や保全活動に活用されている。日本野鳥の会は日本語のポータルサイト「eBird Japan」を運営している。

「eBird」では、自分のバードウォッチングの記録をPCやスマートフォンから投稿して、アーカイブできる。また、さまざまな検索機能で、人気のバードウォッチングスポットなどを調べられ、スマートフォンが、フィールドノートにも、図鑑にも探鳥地ガイドにもなる。特別な場所に行かなくても、家の庭や近くの公園、通勤・通学路などで見られる鳥の情報も、貴重なデータになる。

今年の観察対象種は、夏鳥3種(ツバメ、キビタキ、オオヨシキリ)。この3種をすべて見た人、7日間毎日投稿した人には、プレゼントを用意している。また、キャンペーンにあわせて、イベントや、オンライン講座も実施する。

◎キャンペーン「愛鳥週間!夏鳥を観察してeBirdに投稿しよう」概要

期間:5月10日~16日参加方法:期間中いつでも、好きな時間にバードウォッチングをして、見た鳥を「eBird Japanまたはアプリ「eBirdモバイル」から投稿

<参加賞>
①サントリー特別賞:「育林材のオリジナル時計(ツバメのデザイン)」
参加条件:観察対象種のすべてを見た人(10人)※該当者多数の場合は抽選
観察対象種:夏鳥3種(ツバメ、キビタキ、オオヨシキリ)

②日本野鳥の会賞:日本野鳥の会オリジナル「アウトドアハット」
参加条件:7日間毎日チェックリストを投稿した人(10人)※該当者多数の場合は抽選

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る