左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

在来種とGMナタネ 交雑は確認されず2014年11月26日

一覧へ

遺伝子組換え植物実態調査

 農水省は、遺伝子組換え(GM)植物の生育状況やGM植物に組み込まれている遺伝子が交雑可能な近縁種に広がっていないかを把握するため、セイヨウナタネやダイズの輸入港周辺地域において、GMセイヨウナタネやGM大豆の生育状況やその近縁種(カラシナや在来ナタネ、ツルマメ)との交雑状況を毎年調査している。このほど、平成25年度の調査結果をまとめた。

【ナタネ類】
 セイヨウナタネの輸入実績12港に飼料用トウモロコシの輸入実績3港を加えた15港で調査。うち14港でセイヨウナタネを含むナタネ類が生育していた。
 このうち組み換えられた遺伝子をもつセイヨウナタネは9港周辺地域で生育していることが確認された。しかし、カラシナまたは在来ナタネとの交雑種は確認されなかった。

【ダイズ】
 調査した10港のうち4港周辺地域でダイズまたはツルマメが生育していたが、このうち2港周辺地域でGMダイズが生育していたが、組み換えられた遺伝子を持つツルマメは見られなかった。

 調査結果の詳細は農水省ホームページで。


(関連記事)

NON-GMトウモロコシの供給協定を延長 全農(2014.10.17)

7?9月にGM作物の見学会 モンサント(2014.07.03)

NON-GMコーンで生産 日本コーンスターチ(2014.06.12)

GM作物政策、安全性評価不十分 パルシステム(2014.04.09)

世界のGM作物栽培面積1億7500万haに(2014.02.20)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る