Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

NON-GMコーンで生産 日本コーンスターチ2014年6月12日

一覧へ

JA全農が仲介

 総合でん粉メーカーの日本コーンスターチ(株)は非遺伝子組換え(NON-GM)トウモロコシの安定調達のために、JA全農を通じて、米国の農家、種子会社と直接、生産委託契約を締結し「直接契約栽培」を実現した。

 遺伝子組換え(GM)トウモロコシは、商用栽培・流通が開始されて10年以上が経過しているが、米国などの生産農家に支持されて作付面積が年々増加し、2013年にはトウモロコシ作付面積の約90%にまで拡大してきている。
 そのためNON-GMトウモロコシを安定的に調達することが難しくなってきているが、日本コーンスターチでは、JA全農を通じて、米国イリノイ州ローズビルのツーミー・ファミリー農場と直接、NON-GMトウモロコシの栽培委託契約を締結。その種子も直接、種子会社から購入する契約を締結した。昨秋には業界初となる「直接契約栽培」によるNON-GMトウモロコシを収穫した。
 米国のNON-GMトウモロコシは、流通量が一番多いイエロー・トウモロコシが生産されている。日本では「NON-GMトウモロコシはホワイト・トウモロコシしかない」と思っていた向きがあったが、同社では「直接栽培契約」されたイエロー・トウモロコシによって「安定供給と安価で提供」できるとしている。
 また、コーンスターチ業界の多くの工場は製造ラインが1ラインしかないため、NON-GMトウモロコシとGMトウモロコシを同一ラインでいわゆる「押し出し」方式で製造するため、コンタミの懸念がある。しかし、日本コーンスターチでは、NON-GMトウモロコシ原料ラインとGMトウモロコシ原料ラインを完全に分離したラインとしているのでコンタミ「ゼロ」の製品を製造している。


(関連記事)

大能力・連続式「豆クリーナー」新発売 サタケ(2014.05.27)

GM作物政策、安全性評価不十分 パルシステム(2014.04.09)

遺伝子組換えカイコ 隔離飼育試験を承認へ(2014.02.24)

米国非遺伝子組換えトウモロコシ直接契約 JA全農(2014.03.28)

GM作物の実態紹介 Webサイトオープン(2013.11.29)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る