栽培技術 ニュース詳細

2016.04.20 
熱帯果樹の栽培指導サービス「アボカドネット」開始 アグリマネージャー一覧へ

 農業ITサービスを展開する(株)クリエイティブハウスコーポレーションは、5月20日から、同社が運営する農業の業務支援アプリ「アグリマネージャー」利用者限定で、熱帯果樹の栽培ノウハウを提供する「アボカドネット」の販売を開始する。

 作業内容や栽培状況のデータベース化やスタッフの業務内容など管理機能に特化した「アグリマネージャー」の利用者に対し、「アボカドネット」を販売する。ハワイトロピカルフルーツ生産者協会の担当者も熱帯果樹に対しての栽培経験などをアボカドネットを通じて提供する。
 熱帯果樹栽培は気候が日本と異なるため、ノウハウが必要となる。このコンサルティングサービスにより効率よく栽培ポイントを習得できるほか、個別にアドバイスを受けることも可能。同社の契約農家から熱帯果樹の苗木を3000~5000円ほどで購入できる他、流通に関しては、消費者への直販や市場の供給ルートの提供なども計画されている。
 アボカドネットの利用料金は一か月2000円(税抜)で、別途アグリマネージャーのライセンス料と1年単位の契約が必要。アグリマネージャーのライセンス料は、スタンダード版が同1000円(同)、エンタープライズ版は同3000円(同)で、同じく1年単位の契約が必要となる。
 「アグリマネージャー」は沖縄地方のマンゴー農家から東北地方の農業法人などが利用している。サービスなどについての問い合わせは同社(電)03-3868-0817。

今日のニュースへ戻る

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ