Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:カスケード
ベリマークSC:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

魚と植物を同じシステムで育てる次世代の植物工場 「アクアポニックス長岡プラント」2019年9月13日

一覧へ

 データセンターやデータマネジメント事業を展開するデータドック(東京都千代田区)と植物工場やエネルギー循環型プラント事業を行うプラントフォーム(東京都千代田区)は8月28日、次世代の植物工場「アクアポニックス長岡プラント」(新潟県長岡市)を完工した。寒冷地型データセンターとアクアポニックス農法を掛け合わせた新たなビジネスモデルの確立をめざす。

アクアポニックス長岡プラント

新潟・長岡データセンターの敷地に建てられたアクアポニックス長岡プラント

 アクアポニックスは、水耕栽培と水産養殖を同時に行い、魚と植物を同じシステムで育てる次世代の農業。魚の排泄物を養分として有機野菜を育てる循環型農法として注目されている。

アクアポニックス長岡プラント

魚の排泄物を養分として有機野菜を育てる循環型のアクアポニックス農法のイメージ

 「アクアポニックス長岡プラント」は、国内最大規模のアクアポニックス農法を実践する植物工場で、データドックが運営する寒冷地型データセンター「新潟・長岡データセンター」の敷地内に建設。電力供給量など高いスペックを備えた寒冷地型データセンターの運用から生じる雪冷熱、地下水、IT機器の廃熱などの余剰エネルギーをアクアポニックス農法に活用する。
 両社は今後、「アクアポニックス長岡プラント」の運用により、環境、社会、経済の3要素を満たす持続可能な「サステナブルデータセンターモデル」の構築を図り、日本中の寒冷地で適応可能なビジネスモデルの確立をめざす。

アクアポニックス長岡プラント


 「アクアポニックス長岡プラント」は、国内最大規模のアクアポニックス農法を実践する植物工場として2019年8月に完成。一般的な土壌栽培に比べて栽培期間が2分の1、液肥栽培の植物工場に比べて2.6倍の生産性、LED型の植物工場と比べて初期コストが4分の1など収益性にも優れている。

 レタス、バジル、いちご、わさび、生姜、ビーツ、ルッコラ、スナップエンドウなどを生産予定。長岡市のレストランなどへ今秋より出荷・販売する。

アクアポニックス長岡プラントアクアポニックス長岡プラントの外観

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る