栽培技術 ニュース詳細

2020.01.30 
新たな植物保護技術コンソーシアムの研究成果発表会開催 農研機構一覧へ

 農研機構は2月19日、キャンパスプラザ京都(京都市)で、新たな植物保護技術コンソーシアムの研究成果発表会を開く。共催で京都府病害虫防除所の令和元年度農作物病害虫セミナーも開催する。

 戦略的イノベーション創造プログラム「次世代農林水産業創造技術」(SIP農業)は、日本の農林水産業の国際競争力強化や地域経済の活性化に加え、農林水産業を若者にとって魅力的な産業とすることを最大の目標としている。

 SIP農業のうち「新たな植物保護技術コンソーシアム」では、海外と勝負できる生産性を有する日本型高度施設園芸の実現を目標に、天敵昆虫の効率的な利用や、光・音波等の物理的刺激を利用した病害虫の抑制等の技術を組み合わせ、化学合成農薬に依存しないトマトとイチゴの病害虫防除システムの構築に取り組んできた。また、ナスやジャガイモ、レタスなどで使える新たな資材の開発も進めている。

 成果発表会ならびに病害虫セミナーでは、施設栽培トマトとイチゴを主な対象に開発された革新的な病害虫防除体系に加え、物理的・化学的・生物的な力を利用した新たな作物保護技術を講演とポスター・製品展示により紹介する。

 展示会場では、成果の紹介に加え、研究者やメーカーの担当者と来場者との意見交換、技術相談も行う。

<開催概要>
日時:2月19日 10時~17時05分
場所:キャンパスプラザ京都 5階
   第1講義室ならびに第2および3演習室
定員:280人(定員に達し次第、締め切り)
参加費:無料
申込方法:2月12日までに、農研機構WEBページから申し込む

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ