左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

世界一巨大な根をもつダイコン「桜島大根」の高精度ゲノム解読に成功2020年6月1日

一覧へ

かずさDNA研究所、農研機構野菜花き研究部門と東北大学は共同で、世界一巨大な根をもつダイコン「桜島大根」の高精度ゲノムの解読に成功した。研究成果は、国際学術雑誌DNA Research で5月19にオンライン公開された。

桜島ダイコン桜島ダイコン(写真提供:鹿児島県農業開発総合センター)
背景のシートのマス目は20センチ

同グループは、鹿児島県の伝統野菜、桜島ダイコンの一品種「晩生桜島(おくてさくらじま)」の全ゲノム解析を行い、他のダイコン品種とゲノム構造を比較した。桜島ダイコンのなかでも「晩生桜島」は遅く成熟する品種で、大きなものになると重さは20~30キロ、根の直径も約40~50センチほどになる。

同グループでは2014年に青首系ダイコンのゲノム解読を発表しているが、今回、一分子リアルタイムシークエンサーのロングリード技術という新しい方法で解析することにより、ゲノム全体を網羅する高精度なダイコンゲノム配列を決定することができた。

「晩生桜島」の全ゲノム配列が高精度で明らかになったことで、従来のダイコンのゲノム配列では見落とされていた情報が得られるようになり、ダイコンの標準ゲノム配列として利用される可能性がある。また、ブロッコリーやキャベツなど、他のアブラナ科作物の品種改良や進化研究に貢献するとともに、なぜ根が肥大するのかの手がかりを得る情報基盤となることが期待される。

最新の記事

コルテバアグリサイエンスSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る