JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
JA全中中央SP

葉いもちの発生 平年より多く 府内全域で注意 京都府2021年8月27日

一覧へ

京都府病害虫防除所は府内全域で、水稲(中晩生:ヒノヒカリ、京の輝き、祝、新羽二重糯)に、穂いもちと葉いもちの発生を確認。8月25日に病害虫発生予察注意報第2号を発表した。

葉いもちに食害された水稲(写真提供:京都府病害虫防除所)左:葉いもちに食害された水稲、穂いもち(写真提供:京都府病害虫防除所)

京都府内全域で8月中旬に行った巡回調査の結果、葉いもちの発生は平年比で多く、穂いもちの発生は平年比やや多かった。箱施用薬剤の効果が低下する時期を迎えており、向こう1か月の気温はほぼ平年並、降水量はほぼ平年並、日照時間は平年並又は少ないと予想されることから注意報を発令した。防除時期は、穂ばらみ期~穂揃期。

防除上の留意事項は次のとおり。

(1)上位葉へ進展した葉いもちの病斑は、穂いもちの重要な伝染源となる。
(2)ヒノヒカリ、祝など発病しやすい品種や、すでに葉いもちが多発しているほ場、山間部では特に注意し、防除適期に薬剤防除を実施する。
(3)出穂後曇雨天が続く場合には、傾穂期前後にも防除を行う。特に枝梗は遅くまで菌の侵入を受けるので、枝梗いもちの発生に注意する。
(4)葉いもちの発生が多い場合は、治療効果がある薬剤(カスガマイシン剤:商品名カスミン剤等、フェリムゾン・フサライド剤:商品名ブラシン剤等)で防除する。
(5)防除の際には、周辺ほ場に農薬が飛散しないよう十分に注意する。
(6)農薬の選択に当たっては普及センター、農協等と相談し、使用時期(収穫前日数)や使用回数等の使用基準を遵守して適正に使用する。なお、最新の農薬情報は農林水産省ホームページの「農薬コ-ナ-」の「農薬情報」を参照のこと。

【農林水産省「農薬コ-ナ-」の「農薬情報」】
http://www.maff.go.jp/j/nouyaku/index.htm

最新の記事

シンジェンタライブラリー211112:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る