Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

農業ロボット開発のアグリスト「Microsoft for Startups」に採択2021年9月15日

一覧へ

テクノロジーで農業課題を解決するベンチャー企業のAGRIST(宮崎県新富町)は、マイクロソフト社が提供するスタートアップ支援プログラム「Microsoft for Startups」に採択された。同プログラムを活用し、収穫における労働力不足の解決をめざす。

農業ロボット開発のアグリスト「Microsoft for Startups」に採択

同社は、開発した自動収穫ロボットに搭載したカメラの作物画像データやセンシングデータを収集し、今まで収集が難しかった農業用データのビックデータ化を実現。そこから、どの条件時に収穫量の変化があるのかや病害虫の発生状況を時系列データとして取扱い、分析することで経験や勘に頼らず再現可能な農業の新しい仕組みの確立をめざしている。また、世界中から情報を収集するため、マイクロソフト社のリソースが必要だと考え当プログラムに応募した。

「Microsoft for Startups」は、マイクロソフト社が提供するスタートアップの事業成長を推進する支援プログラム。140を超える国で展開されており、同プログラムに採択されたスタートアップ企業は、クラウドサービス「Microsoft Azure」をはじめとするテクノロジーのサポートに加え、同社のリソース特典やパートナーネットワークを活用した事業拡大の支援が受けられる。

世界中の収穫ロボットのデータをリアルタイムで収集し、収穫量の予測を可能とするサービスをめざすアグリストは今後、自動収穫ロボットを作り、様々な地域で導入しデータを集積。そこで得たデータを解析し熟練した農家の栽培方法を再現し世界に展開する。さらに、ロボットを改良し新しい農業の形を提供する農業AIプログラムを立ち上げており、熟練した地元農家たちのノウハウをデータ化し、Microsoft Azureに情報を蓄積する。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る