Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
JA全中中央①PC
ベリマークSC:FMC(SP)センター

リンドウで国内初 トマト黄化葉巻ウイルスが県内で発生 福岡県2021年9月27日

一覧へ

福岡県病害虫防除所は、リンドウにトマト黄化葉巻ウイルスの発生を県内で確認。これを受け、9月21日に病害虫発生予察特殊第1号を発令した。

新葉のねじれ症状 (写真提供:福岡県病害虫防除所)新葉のねじれ症状 (写真提供:福岡県病害虫防除所)

7月に、福岡県内の露地リンドウで、株の矮化と新葉にねじれ症状がみられる株が確認。同防除所でイムノクロマト法によるトマト黄化葉巻ウイルスの抗体検査を実施したところ陽性の反応を示した。さらに、PCR法による遺伝子診断を実施したところ、トマト黄化葉巻ウイルス(TYLCV)が検出されたことから、TYLCVによる病害と判断した。

TYLCVによる病害は平成8年に静岡県、愛知県、長崎県のトマトで初めて発生が確認された。福岡県では平成11年にトマト、平成16年にトルコギキョウで発生が確認されている。リンドウでの確認は国内で初めてとなる。

新葉は波打ち、ねじれ症状や葉巻症状および黄化を呈す。また、上位節間が短縮し、株が矮化する。このウイルスは、タバココナジラミの吸汁によって永続的に媒介。タバココナジラミは、成虫および幼虫が罹病植物を吸汁することによりウイルスの伝搬能力を獲得する。なお、経卵伝染、汁液伝染、土壌伝染、種子伝染はしない。

株の矮化症状(写真提供:福岡県病害虫防除所)株の矮化症状(写真提供:福岡県病害虫防除所)

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇発病株は感染源となるため、早急に抜き取る。抜き取った株はビニル袋に入れるなどして、ほ場外に持ち出し、適切に処分する。

〇ほ場内や周辺の雑草は、媒介虫であるタバココナジラミの増殖の場となるため、除草を徹底する。

〇媒介虫であるタバココナジラミの防除を徹底する。また、薬剤の使用にあたっては、抵抗性の発達を防ぐため、同一系統薬剤の連用を避ける。

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

DiSC:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る