Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMC(SP)トップバナー
プリロッソ粒剤オメガ:FMC(PC)センター
ベリマークSC:FMC(SP)センター

県中西部にシロイチモジヨトウ、ハスモンヨトウ 防除の徹底を 鳥取県2021年10月4日

一覧へ

鳥取県病害虫防除所は、ヨトウ類(シロイチモジヨトウ、ハスモンヨトウ)の発生を県中西部で確認。これを受け、9月24日に病害虫発生予察注意報第1号を発令した。

シロイチモジヨトウの幼虫と卵塊(写真提供:鳥取県病害虫防除所)シロイチモジヨトウの幼虫と卵塊(写真提供:鳥取県病害虫防除所)

9月21日の病害虫巡回調査の結果、ネギ、キャベツ、ブロッコリーでヨトウ類の発生が多い。また、これらの卵塊が確認されるほ場数も多く、今後、被害の増加が予想される。これまでのヨトウ類のフェロモントラップの誘殺数は平年並~多く、今後、次世代の誘殺数が増加すると予想される。向こう1か月の気象予報では、気温は高く、降水量は少ない~平年並と予想されており、今後もヨトウ類の活動に好適な条件になると予想される。
同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇薬剤の感受性が高い若齢幼虫期(体長1センチ以下)に防除を行う。食害痕が見られ始める
頃が防除適期である。

〇食害痕は不整形の白斑となり、更にかすり状に透けて見える。はじめ卵塊から孵化した幼虫は集団で産卵場所やその周辺にとどまり、葉の表皮を残して葉肉部を食害する。ほ場内を観察し、食害痕の目立つ株に注意する。

〇食害痕および若齢幼虫の発生が見られた場合には、表を参考に速やかに防除する。

〇農薬の使用にあたっては、使用基準を遵守する。また、最新の農薬の登録内容は農林水産省の農薬登録情報提供システムで確認する。

ハスモンヨトウの幼虫と卵塊(写真提供:鳥取県病害虫防除所)ハスモンヨトウの幼虫と卵塊(写真提供:鳥取県病害虫防除所)

【農薬登録情報提供システム】

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る