人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCプレバソンSP

【注意報】トマト、ミニトマト、なすに「コナジラミ類」県北部地域で多発のおそれ 徳島県2023年11月2日

一覧へ

徳島県立農林水産総合技術支援センターは、冬春トマト・ミニトマトおよび冬春なすにコナジラミ類(主にタバココナジラミ)が県北部地域で多発のおそれがあるとして、11月1日に令和5年度病害虫発生予察注意報第2号を発令した。

【注意報】トマト、ミニトマト、なすに「コナジラミ類」県北部地域で多発のおそれ 徳島県

徳島県立農林水産総合技術支援センターによると、10月25日、26日に行った冬春トマト・ミニトマトの巡回調査では、発生圃場率が100%、寄生葉率が19.0%と、平年(73.8%、7.7%)に比べて高い。また、10月25日、26日に行った冬春なすの巡回調査では、発生圃場率が100%、寄生葉率が51.3%と、平年(89.5%、17.8%)に比べて高い。

高松地方気象台が10月26日に発表した1か月予報では、気温は平年より高く、降水量は平年並みか少なく、日照時間は平年並か多いと予想。コナジラミ類の発生に助長的な気象条件となる。

同所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇施設内への侵入を防ぐため、開口部は防虫ネット等(目合い0.4ミリ以下)で覆い、外部からの侵入を防止する。

〇多発すると防除が困難となるため、発生初期から防除を行う。

〇花粉交配用昆虫等の有用生物を利用している場合は、農薬の影響日数に注意する。

〇タバココナジラミはトマト、ミニトマト黄化葉巻病の原因であるウイルス(TYLCV)や黄化病の原因であるウイルス(ToCV)を媒介する。ウイルス病発病株は見つけ次第抜き取り、ハウス外に持ち出し適切に処分する(図1、2、3、4)。

〇防除については、徳島県植物防疫指針を参照するとともに、薬剤の使用に当たっては、必ず農薬ラベル記載事項を遵守する。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る