左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

ユナイテッド社・KX社から4.4億円の資金調達を実施 有機米デザイン2023年11月29日

一覧へ

田んぼの自動抑草ロボット「アイガモロボ」の開発に取り組む有機米デザイン株式会社は、 ユナイテッド株式会社、株式会社KXを引受先とする第三者割当増資(シリーズA’) により、4.4億円の資金調達を実施した。

ユナイテッド社・KX社から4.4億円の資金調達を実施 有機米デザイン

有機米デザインは、「田んぼの自動抑草ロボットの開発」と「有機米の生産支援および流通・販売」という2つのアプローチで、国内外における有機米マーケットの拡大を推進するため、資金調達(シリーズA')を実施。20年以上に渡りスタートアップへ投資し、成長を後押ししてきたユナイテッド社をリード投資家として迎え、資本戦略策定のサポートを受けることで、さらなる事業成長を目指す。また、KX社が街づくりを推進する鹿嶋・鹿行地域において、有機農業を中心とした様々な連携を図る。

有機米デザインの「田んぼの自動抑草ロボット」は今年1月から500台限定で販売され、全国各地で稼働。利用した農家からは好評で、利用検討中の農家からも多くの問い合せがある。また、有機米の流通では今年度の取扱量が昨年度比3倍、30道県から集荷するなど急拡大を続けている。

今回調達した資金は「アイガモロボの量産化へ向けた生産体制構築と品質向上のための研究開発」と、「アイガモロボを活用した有機米の産地形成と販路拡大の強化」などに充てる予定。これにより、有機米の普及・拡大に向けた取り組みを加速させ、国が掲げる「2050年までに(耕地面積に占める)有機農業の取組面積の割合を25%(100万ha)に拡大する」目標達成にも貢献する。

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る