人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCプレバソンPC
FMCプレバソンSP

「国産タマネギの販売・加工・流通座談会」開催 秋田県タマネギ産地形成コンソーシアム2024年2月21日

一覧へ

秋田県タマネギ産地形成コンソーシアムは3月6日、秋田県産タマネギの生産性改善による自給率向上モデル実証の進捗を紹介するとともに、国産タマネギの販売・加工・流通座談会をイイノホール&カンファレンスセンター(東京都千代田区)で開催する。

2023年3月に戦略的スマート農業技術の実証・実装に採択された「秋田県産タマネギの生産性改善による自給率向上モデル実証(秋田県タマネギ産地形成コンソーシアム)」は、遠隔技術指導による広域的な生産技術の向上(NTTアグリテクノロジー)、ロボットトラクタ導入による作業時間の削減(農研機構東北農業研究センター)、AI自動選果機導入による選果時間の削減(山梨大学)に取り組んでいる。同コンソーシアムでは、スマート技術の現場実証だけでなく、生産者の利益に直結する、販売・加工・流通の改善という出口戦略についても、双日株式会社が主体となって取り組んでいる。

今回は同事業の概要と各実証課題の進捗状況を紹介するとともに、国産タマネギの販売・加工・流通に関する座談会を実施する。

◎開催概要
日時:3月6日14:00~17:30
場所:イイノホール&カンファレンスセンター
(東京都千代田区内幸町211飯野ビルディング4階)
参加申込:会社、団体名、申込代表者氏名、電話番号、FAX、メールアドレスと参加者の所属・職名、氏名を明記の上、(メール)akita-tamanegi@ml.affrc.go.jpへ。
定員:90人(先着)
申込締切:2月29日

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る