人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
JA全中中央①PC
FMCプレバソンSP

【注意報】ナシ、ブドウなどに果樹カメムシ類 都内全域で多発のおそれ 東京都2024年5月22日

一覧へ

東京都病害虫防除所は、ナシ、ブドウ等に果樹カメムシ類(チャバネアオカメムシ)が都内全域で多発のおそれがあるとして、5月21日に令和6年度病害虫発生予察注意報第1号を発令した。

東京都病害虫防除所によると、チャバネアオカメムシのフェロモントラップの誘殺数は、4月第4半旬までは、おおむね平年値と同等だったが、その後誘殺数が増加。同月第5半旬で44頭が誘殺され、同月第6半旬から5月第3半旬にかけても45~110頭が誘殺され、いずれも過去10年間の同期間において最多となった(図1)。

チャバネアオカメムシの予察灯の誘殺数は、4月第4半旬までは、おおむね平年値と同等だったが、その後誘殺数が増加。同月第5半旬では14頭、第6半旬では39頭が誘殺され、いずれも過去10年間の同期間において最多となった(図2)。

同防除所では次のとおり防除対策を呼びかけている。

〇春に結実したサクラやクワなどの実が今後減少すると、果樹カメムシ類が果樹園に飛来する危険性が高まる。

(1)早期に袋がけを行う。果実が肥大して袋に接するまでは袋がけの効果が高い。
(2)多目的防災網(目合9mm、クロス入り)を展張できる園では、早く設置する。
(3)果樹園への飛来が認められたら、表1の防除薬剤を散布する。
(4)飛来量は薄暮期から多くなるため、農薬散布は夕方か早朝に行うようにする。

図1:フェロモントラップによるチャバネアオカメムシの誘殺数推移(立川市内)

表1:主な防除薬剤

表1:主な防除薬剤

重要な記事

240401・シンジェンタ粒粒マイスター:右上長方形SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る