左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

優績営業マン 約800名が集い 「2017ヰセキ全国表彰大会」開催 井関農機2017年1月16日

一覧へ

 2017年1月12日、井関農機(株)はホテルグランドニッコー東京台場において、優秀な成績を修めた全国の俊英営業マン等800名余を集め「2017ヰセキ全国表彰大会」を開催した。

優績営業マン 約800名が集い 「2017ヰセキ全国表彰大会」開催 井関農機優績営業マン 約800名が集い 「2017ヰセキ全国表彰大会」開催 井関農機

 大会の冒頭、井関農機(株)の木下榮一郎社長は開会の挨拶で、今後の日本農業は、農地集約による大規模化、畑作・野菜作などの増産による作付の変化、企業の農業参入や6次産業化の進展など、構造変化のスピードが加速するだろう、との見方を述べた。
 また農機については、「農機市場の昨年の需要動向は厳しい状況となったが、先端技術を搭載したスマート農機や畑作・野菜作機械の市場は着実に伸びてきている。私どもも、農業の変化に機敏に対応すべく『変革』をテーマに掲げ、さらにスピードを上げて必要な対処をしていく」と語った。
 続いて平成29年に取組む井関グループの3つの方針を説明した。
 1つ目は「人づくりの体制充実」。厳しい市場環境下で勝ち残っていくためには、「商品力」に加え「人材力」の更なる強化を図る必要がある。つくばみらい市の同社中央研修所を拡大発展させ、「ヰセキ・グローバル・トレーニングセンター」を1月1日に設立した。
同社が一昨年に設立した「夢ある農業総合研究所」の機能と併せ、人材を育成していく。
 2つ目は「担い手市場への対応強化」。担い手市場に向け、ハードとソフトの両面から対応力を強化していく。ハード面では、昨年発売した「土壌センサー搭載型可変施肥田植機」が好評であり、「自動直進アシスト機能付き田植機」を本年12月より発売する。ソフト面では、大型化する農業機械の整備拠点を、全国の販社で拡充強化し、担い手農家に対するサービスの向上を図っていく。
 3つ目は「グローバル戦略の本格展開」。ヰセキは、中国とアセアン(ASEAN)市場を「今後の成長エンジン」と位置付けている。中国の東風井関新工場の完成、インドネシア工場での操業の継続、ベトナムの現地企業によるトラクタ工場の生産支援に係る技術許諾契約・生産支援契約の締結など、グローバル戦略の本格展開、などである。
 表彰大会では、セールスマン・サービスマンで、ダイヤモンド、ゴールド、シルバー、ブロンズ各会員計318名が認定表彰された。特約店表彰では、金賞に(名)岡田商会(埼玉県)等9社、同銀賞に9社、銅賞に16社、努力賞に36社が選ばれ、表彰された。また販売会社表彰では、優秀賞に(株)ヰセキ中国、優良賞に(株)ヰセキ東北、敢闘賞に(株)ヰセキ九州が選ばれ表彰された。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る