Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

豆類を2割増収 液体複合肥料「ルートビーズ」 OATアグリオ2017年4月18日

一覧へ

 OATアグリオ(株)は昨年4月に発売した豆類の液体複合肥料「ルートビーズ」の販売にさらに力を入れる。初期生育の向上と増収効果があり、使用した農家からは「目に見えて違いがわかる」と好評。

豆類を2割増収 液体複合肥料「ルートビーズ」 OATアグリオ 播種2週間前から当日までの間に、液体塗抹で処理する。根張りに効果があり初期生育の向上、また気象条件で異なるが、1割から2割の増収が見込まれる。
 同社によると、ルートビーズは有機酸を含み、これが大豆などの豆類の窒素固定を行う根粒菌との共生を助けるため、収量や品質向上が期待でき、スターター肥料として有効という。
 なお、10a当たり5kg播種でおよそ400円ほどのコストがかかる。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る