想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「直進キープ機能付田植機」業界各賞を受賞 クボタ2017年5月9日

一覧へ

 先般、(株)クボタ(本社:大阪市浪速区、代表取締役社長:木股昌俊)が開発・発表した「直進キープ機能付田植機」は、産業界・農機業界で評価が高く、年初「2016年日経優秀製品・サービス賞最優秀賞 日本経済新聞賞」及び、日刊工業新聞社の「2016年(第59回)十大新製品賞」を受賞している。

業界初GPS内臓「直進キープ機能付田植機」 「直進キープ機能付田植機」は、業界初となるGPSを内臓した田植機で、直進時に自動操舵できる機能を搭載しており、農業の効率化や高精度化、低コスト化、省力化に寄与することを目的に開発された。
 技術で人をサポートする、というコンセプトが
高く評価されたもので、同社は今後も、日本農業の競争力強化に向けた製品、サービス、ソリューションの提供を通じて、顧客・ユーザーの経営課題をサポートし、日本農業を支援していく考えだ。

◎受賞名
・「2016年日経優秀製品・サービス賞最優秀賞 日本経済新聞賞」
・「2016年(第59回)十大新製品賞」(日刊工業新聞社)
◎製品概要
・高い精度が求められる田植え作業において、未熟練者でも簡単に真っすぐ田植えができる。
・熟練者にとっても、直進操舵のストレスから解放され、作業負担が軽減される。
・通常の田植機よりも苗を多く積載できるので、畔からの苗補給回数を減らすことができる。また苗補給補助者の省力化を図れる、など
※製品の詳細は、次のURLを参照のこと。http://www.kubota.co.jp/new/2016/16-10j.html
(写真)業界初GPS内臓「直進キープ機能付田植機」

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る